アレ式ハマリ道

イロイロ、はまっちゃいました(*´д`*)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
【新車購入記】購入した車はエリシオン!
台風の猛威にさらされながら、購入が決定したのはエリシオン。
ベースとなるグレードはGで メーカーオプションのナビ、両側電動スライド、回転対座、リアエアコン、スマートカードキーシステム、17インチアルミ、リアモニターをつけて(というかほぼフルオプション)で、車両から30万引き。特別金利の2.7%(だってフルローンだから。。。)にカソリン満タン、諸費用オールカット、さらに社外品オール取り付け無料で、手を打ちました。加えてディーラーオプションからは一律10%引き、工賃割引で、実質40万以上の値引きとなっています。
(とはいえ、みんな当たり前のように50万とかGETしてるしなぁ。)


| Yukis | 新車購入記 | 17:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
【新車購入記】家族の試乗、災難。そして車種決定
10月10日
どんより曇り空の午前、午後からは天候が崩れるとのこと。
今日中に車種を絞りこんで、明日にはハンコを押してしまいたい。

【エルグランド試乗】
その圧倒的な室内空間に、嫁が感嘆の声をあげる。
さすがにストリームと比べてしまうと、ストリームが不憫でならない。

しかし嫁から次に出た言葉は否定的な言葉ばかりだった。
・2列目センターシートがスライドするのはよいが、そのぶん少し乗り心地が悪い。
・窓がチルトなのが気に入らない。
・乗り心地がバスみたいで酔いそう。
・ハイオクで実燃費が5前後なんてランニングコストがかかりすぎる。

とのことで、トヨタに向かう車内で早々に脱落したのでした。


【アルファード試乗】
Yukis的には既に死んでいるアルファード。
ところが嫁の評価が抜群。

・エルと遜色ない室内空間
・かゆいところに手が届く車内アクセサリー(収納など)
・乗り心地の良いシートと、生地。
・トヨタであること。

とデメリットが出てこない。
エリシオンを見る前に高い評価だ。
雲行きが怪しい。。。
実際の天候も雨が降り出してきていた。


【エリシオン】
個人的にエルと並んで本命だったエリシオン。
エルグランドが脱落した今、なんとしてでもエリシオンにいかなければ
あのやる気のないインパネととてつもなう無難で面白みのないアルファードに決まってしまう。

・室内空間がエルアルに比べて狭い。
・シートアレンジが簡単なのが良い。
・シートのすわり心地、安定性、乗り心地が一番良い。(バスみたいじゃない)
・上品な感じがする。

となかなかの評価。

【総評】
買うならアルファードかエリシオンという嫁の判断。
どちらかといえばアルファードがよいかも、といった感じでした。
ちなみに俺が買うならエリシオンかエルグランド。

「二人とも挙げたのがエリシオンだから、それでいいじゃん。」
必死に説得する俺とホンダ営業。

嫁ちゃん、外を見てごらん。
すごい雨じゃないか、これはこの車に決めるまで帰れないということだよ。
ほら歩いている人たちの腰まで水が・・・・って


!!!!!!!!!!!!!!!Σ(゚Д゚;


おい、これはどういうことだ!

10月10日 台風22号マーゴン 伊豆に上陸、湘南地方をがっつり通過
| Yukis | 新車購入記 | 17:49 | comments(1) | trackbacks(12) |
【新車購入記】ストリームよサラバ
さて今回はストリームとバイバイなお話。
ちょっとお金のナマナマしい話になります。

我が家のストリームには残債が170万ほどありました。
つまり車検証の所有者の欄には「ホンダファイナンス」と激しく記載されているわけで。

職場の同僚に言わせると、「車なんて借金してまで買うもんじゃない」ということですが、20代半ばの小僧でおまけに子持ちで稼ぎが並では、車を買えるようなまとまった金額が貯まるのに、何年かかるかわかんない。
つまりローンは必然なのです。(と自分を納得させるしか(ノД`)シクシク)

と軽い言い訳を挿入したところで。
つまりはこの所有者はホンダファイナンスですよーっていう、いわゆる所有権を解除してYukisの車にしないとですね、売ったり出来ないのです。
この所有権を解除するためには現在の残債=170万を全額振り込んで、一括払いしなければならぬのです。
170万は大金ですが、それはそれ、ストリームが170万で売れる段取りがつけば、買取業者なりから170万を所有者に振り込めば良いわけでございます。


で、まずホンダに買取でいくらになるか調べてもらいましたですよ。
15年式で10ヶ月で走行距離が1万2千。不人気な青。フルエアロとMOPナビを最大限に評価しても
130万  ○| ̄|_
つまり残債を40万下回り、追加で40万いれないことにはどうにもならない。
無理です。そんな金用意できません。

次にオークション代行に聞いてみました。
「155万以上はあっさり狙えますよ!」との返答。
某買取店Jがそれを上回る160万との回答。
フルエアロと膨大なオプション、MOPナビなど高年式が評価されたようです。
ディーラーの買取は柔軟な対応が出来ないので、こういうケースでは買取店のほうが良いですね。
とりあえず130万に比べたら、おお?高い! という喜び半面、どのみち残債170万には届かないという現実も突きつけれたわけです。

話はちょっとそれますが、実は車の支払いのほかにテレビのローンやクレジットの支払いが月々結構な額がおまけに結構な金利でございました。
これに加えて車のローンというのは結構負担でして、ちょっと油断すると赤字な生活に転落しそうな状態でした。
そんな時飛び込んできたのが、某親戚経由で流れてきた某地方銀行系の紹介。
むちゃくちゃ低金利で車の残債を請け負ってくれるオートローンがあるというのです。喜んで飛びつきましたとも、地方系の銀行でおまけにそこの得意先である親戚の紹介ですから、審査もあってないようなものでした。

さて残債を解除するために手に入れた170万、これはなんと金利1%代の支払いです。この170万を利用して残債を解除して、車を160万で売って、その160万を車以外のローンの一括支払いと、車の購入にあてる。

手元のエクセルで計算すると以前に比べて月々の支払いが4分の1になったのでした!
もちろん新しく買った車のローンが乗ってきて、おそらく2分の1くらいまでリバウンドするでしょうけど。。。
| Yukis | 新車購入記 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(2) |
【新車購入記】10月3日試乗編
とりあえず家族にも乗ってもらって総合的に判断してもらおうと思ったんだけど、その前に自分1人でもあらかじめフィーリングをつかんでおこうと思った。
家族同乗のときは、自分の運転よりも家族の反応が気になるからね。。。


【日産:エルグランドハイウェイスター】
なんとなくおいてあったモデル。
まずシートアレンジをいろいろ試してみる。つうかでけぇ!
体のでかいオレが3列目に余裕で座れるスペースを維持してなお、2列目がミラクルゆったり。おまけにセンターシートが前後にスライドして、テーブルになったりで、便利そう。さすがファーストクラス。

で、試乗。
V6 3.5は凶暴凶悪にして流石。2tクラスの車重をグイグイと引っ張ってくれる。でもちょっと気になる点があった。それはカーブでのふらつき。
「背が高いとはこういうことか」と実感させられるロール具合で、バスに乗っているような気分になったですよ。これはマイナスポイントだなぁ。

あと、純正ナビとの統一されたインパネは素敵だけど、純正ナビがDVDというのはどうも。。。。HDDに慣れた身としては、この時点で社外ナビの取り付けを決定。
カーブのロールは慣れると判断して、これは「買い」と判断しました。
とはいえ、他の2車種もじっくり検討しなきゃ。


【ホンダ:エリシオンVX】
本番試乗車はGだけども、ひとまず3リッターモデルしかないということで、試してみる。
まず、青白く浮き上がる立体自発光メーターにときめくガンダム世代な26歳。
いや、そのメカニカルなパネルのスイッチ類といい、ほんとまじでヤヴァイ。2chあたりで、「あんなん喜ぶのはガノタ(ガンダムオタク)くらいだ。」なんてレスがあったけど、いや本当、喜んでます(;´∀`)

で、乗ってからの話。
前のストリーム(1.7L)は踏んでから加速するまで結構な変速ショックみたいのがあったんだけど、エリの場合は踏んだら踏んだぶんだけ、スムーズに加速していく。車重が2t近いにも関わらず(・∀・)チゴイネ!
これが2.4Lになるとどうなるのか興味がある。

ただちょいとでかいかな。1830もある車幅は、いつも乗りなれているはずの道の運転を、とてもマイルドなものに変貌させてくれ、ちょいビビッタ。
すれ違うのにこんなに気を使うとは・・・。

とりあえず、走行性能と好みのシート周り。オレひとりのことしか考えないで良いのなら、このまま決めてしまいたいくらいでした。


【アルファードプレミアムアルカンターラ】
2.4Lのモデル。シート生地が素敵、なモデル。
走りの印象はエルとエリを足して割った感じ。インパネ周りが好きくない。
営業さんも好きじゃない。ナビ周りもすきじゃない。
というわけで、この時点でアルは脱落。

・・・と思ったんだけど、家族試乗はいちおしなくちゃ、ですよ。
オレの好みだけで決められない今回の車選び。

後日この車種がナニカと悩みの種に。。。

************

というわけでこの時点の評価は
エリシオンorエルグランド>>>>>越えたくない壁>>アルファード
なのでした。
| Yukis | 新車購入記 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
【新車購入記】ディーラー挨拶回り
10月2日
そういやまだ半袖&サンダルだったな。。。。

基本的にカービューや2chなどで徹底的に情報を入手してから行くです。
で、まず本気で購入するよ宣言したうえで、店の雰囲気、営業マンの観察を行う。その際に既にわかっていることの質問をあえて行い、営業マンの対応・相性を計ります。初回値引きでやる気も、ね。


【ホンダ某クリオ店】車種:エリシオン グレード:Gストリームを購入した店
・営業:Mくん、年下のスポーツマン風味。どっか抜けてるが、親しみやすい
・店舗:狭いがアットホームな雰囲気で、スタッフの対応も親切丁寧。
・知識:相変わらずこちらが指摘して、向こうが勉強するという関係は変わらない。どうもMくんにとってはボクが情報ソースになっているらしい(;´∀`)
こんなことを1年繰り返してきたが、素直に勉強し、次の機会にはマジメに情報の裏をとってくるから感心してる。
初回値引き:10万円 orz


【日産某ブルー店】購入車種:エルグランド グレード:VG・営業:Kさん、陽気なおじ様。飛び込みで入ったが副店長クラスがついた。
・店舗:広くて開放的。清潔感があり、子供スペースも広い。フリードリンク。スタッフの顔は見えない。
・知識:カタログを見なくても答えはスラスラと返ってくる。ただし意見を求めると、多少年齢の差を感じる返答。
初回値引き:25万、+下取り相場より+5万


【トヨタ某トヨペット店】購入車種:アルファードG グレード:トレゾア・営業:Tさん、ザ営業の40代。ちょいといやらしい感じ。
・店舗:古い感じ。フリードリンク。スタッフの対応は徹底されているが、悪く言うとマニュアル的。好みが分かれるところ。
・知識:カタログを見なくても答えはスラスラと返ってくる。が、これもマニュアルどおり。ちょっと変則的な質問をすると、のらりくらりと交わして、はぐらかす。
初回値引き:20万

*******************
んー、どうも現在のディーラーに慣れてしまったせいか、トヨタニッサンともに堅苦しく感じ、居心地が悪い。が、他の人に聞くと、むしろそれが正常な姿だという。
とにかく今回の商談は値引きじゃありません。
車とお店トータルの判断です。この時点では最も値引きの渋いホンダが
車の内容を考えないと一番でした。
| Yukis | 新車購入記 | 17:35 | comments(2) | trackbacks(8) |
【新車購入記】10月初旬トヨタ&日産車種絞込み
1ヶ月以上、空けてしまったorz
というか実際は既に契約、納車、慣らし運転まですんでいるのであって
そっちのほうが忙しくて、購入記なんて書いてる暇がなかったですよ。。。


【トヨタ絞込み】
当初の候補はノア/ボク、そしてアルファード。
夏にMCを果たしたばかりのノア/ボクですが、ある一点のみが気に入らなくて
早々に候補から消えていきました。
それはこのセンターメーターなレイアウト
なれりゃあ慣れるとの声もありますが、ストリーム購入時にこのセンターメーターの車にも試乗して、あまりにも気持ち悪かったので、それ以来拒絶反応です。だから却下。

とすれば残るのはジャンレノのCMでおなじみの日本で一番売れているLクラスミニバン、アルファードであります。
ゆったり、こじゃれて、納得の価格設定、安心のリセール、天下のトヨタ。
買い物に出れば必ず見かける車です。
とりあえず、エリシオンの対抗はこれで決まり。

ちなみにエスティマって選択肢もあったのですが、やっぱりセンターメーター。

【日産絞込み】
実はこれが本命エルグランド。セレナはまったく考えてなかったですよ。
エルグランドと比較すると、どうしてもスペースや内装の質が劣ってしまう。
どうせなら各社のフラグシップミニバンで検討したほうが、いろいろと妄想できるじゃありませんか。

エルグランドの魅力は、ファーストクラスとまで言われる、その室内空間。そして迫力のフロントマスクにつきます。(あーもちろんV6、3.5Lのエンジンも評判は高いですが、燃費も悪いようなので。。。)
アルファードが登場したことによって、そのシェアを奪われはしましたが、この存在がなければLクラスの隆盛はなかったでしょう。
日産の低金利クレジットや雑誌などで報告されている値引きの多さも魅力でした。


さて、これで車種は3つ。
エリシオン、アルファード、エルグランド。
おそらくは多くの人々が検討してきたであろう、Lクラスにおけるあまりにもベーシックな選択肢。

あれから1ヶ月が過ぎたいま、ボクこの中のひとつに乗っています。
| Yukis | 新車購入記 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(2) |
【新車購入記】10月1日金曜日:webにて車種の絞込み:ホンダ編
お金はどうすんだという、いたって現実的な話題から逃げるように、ボクは車選びに没頭した。
昔から「なんとかなるさ」で生きてきて、実際に何とかなってきたボクは、今回も「なんとかなるさ」と思って、とりあえず一番重要なお金という項目を後回しにした。
候補の車を決めて、その車の金額を見て、それからお金のことは考えよう。
そう決めた。


【ホンダ絞込み】
ホンダの場合、前に挙げた条件で絞り込むと、エリシオンとステップワゴンという選択肢になる。
エリシオンは以前、ASMやグランドワゴンなんて呼ばれていた時から注目していた車で、さりげなく今回の本命。
そもそもトヨタは例のWISHの時もそうだったけど、普通すぎて好きじゃない。
ちょっとぐらいクセがあるほうが、愛着がわいていい。
そういう意味で独自路線をツッパシルホンダが好きだった。
ステップは来年モデルチェンジの噂があり、末期となるモデルは敬遠したかったため落選。
とりあえずエリシオンがホンダの本命だ。
で、あれば日産とトヨタの対抗はおのずと決まってくるかな?
| Yukis | 新車購入記 | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
【新車購入記】9月下旬某日:車選び
9月末の連休も終わった、ある昼休み。

いつものように同僚のWさんと、川崎の某所でハンバーグランチをつついていると
彼が突然「そういやエディックス買っちゃった。」などとさり気なく告知してくるですよ。
あれ?
彼の愛車は確かRX8。すごく気に入ってたのになんでまた?
「週末に覆面にSP違反で捕まってさー、違反なんかしてないとおもうんだけど、結局押し問答になっちゃって。やっぱ目がつけられやすいのかな、と思って手放した。」
との回答。すげー衝動的。

彼の商談の話とか聞いているとウズウズしてしょうがない。
今乗っているストリームは気に入っているけど、ちょっとドライブに行くと
ちびちゃんズ(4歳、1歳)が嫁ちゃんの横に行きたがる。
1歳はチャイルドシートが大嫌いなので常にシートから飛び出そうと大暴れ。
いや、むしろ飛び出すので最低限の安全確保のために、嫁ちゃんは授乳ダッコで落ち着かせるわけですが、
そうなると2列目は 嫁(1歳児オプション付)、4歳児、主人がいないチャイルドシートという構成になり1.5人分の席に3名が阿鼻叫喚となっており
まったくもってリラックスできないという状態なのです。

昨年の11月依頼、ほとんど開くことがなかった
ブックマーク:車:購入検討
のカテゴリがボクのノートPCに展開され、
画面にはボクの悩みを解決してくれそうな魅力的な車が次々と現れたin職場
いつのまにか新車を買うことが決定されたような勢いで脳内妄想が膨らんでいく。

「もし」買うなら、車を選びの条件として下記の項目は外せない。
・快適な居住性
・対座シートを装備している
・ドライバー周りがメカメカしていること。
・後部座席を退屈させない仕様が検討できること。

このことから選択された車種
・トヨタ:アルファード、ノア/ボク、エスティマ
・ホンダ:エリシオン、ステップWGN
・日産:エルグランド、セレナ

まだまだ絞りきれてないけど、どうしようかな。。。

| Yukis | 新車購入記 | 18:00 | comments(1) | trackbacks(1) |
【新車購入記】序章:1年経過していない車を乗り換える
だいぶ前に自分の愛車、新型ストリームについて語ったところですが、
この度、こちらのストリームを手放すことになりましたヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

7人乗れて、さらにそこそこ走れるミニバンとして運転している本人はものすごく楽しいのですがどうも家族には不評です。
なんつうか遠出をすると幼児二人が退屈のあまり車内で暴れ、嫁は吼え、阿鼻叫喚な地獄絵図が素敵に演出されるわけですよ。

そこで嫁ちゃんと幼児ズが長時間のドライブでも快適に過ごせるクラスの車を購入しようと思い立ったのです。

まぁ本音を言えば、職場の同僚がモビリオ買ったり、RX8売ってEDIX買ったり、エクストレイル買って自慢してくる人がいたり、BMWのセカンドカーにインプのWRX買ったりする人がいたので、羨ましくなったんですが。
| Yukis | 新車購入記 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ