アレ式ハマリ道

イロイロ、はまっちゃいました(*´д`*)
<< ハマリ道 | main | HONDA Stream >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ゲームがいまいるところ。
ボクが小学生の頃、任天堂の初代ファミコンを持っている人はクラスに5〜6人だったと思う。
ボクのクラスのファミコンホルダーはちょうどよく各地域に分配され、
学校が終わると、皆、自宅周辺の各拠点に集合したものだ。

ボクの所属する地域で盛り上がっていたゲームは、
・4番打者がバントをするだけでホームランになる野球ゲームだった。

みんなが一つの画面に夢中になり、
「北別府は右下を押しながら投げると、CPUは絶対に打てない!」
とか言いながら、みんなが同じ空間で騒いでいた。

やがて劇的にパワーアップしたファミコンが発売される頃、
ボクラはゲームよりも どうやって彼女をつくるかに夢中になった。
そしてそれが、ひとまずスグには叶わない妄想であることを悟ると
その頃のゲームの主流となっていたRPGというジャンルのゲームに手を出した。
自らの分身たる主人公を操り、強大な敵と戦い勝利し、愛する人を助け
いくつもの平和を20インチの中の世界にもたらした。
だけど周りには誰もいなかった。

やがてプレステと呼ばれる画期的な次世代機が発売され
ゲームの主権が任天堂からSONYへと移ろうとしていた頃
今度こそ彼女をつくろうと決意し、それを実現させた。
少ない小遣いで都合したラブホテルにはリアルな3Dレースゲームがあった。
ボクは緊張をほぐすために遊んだ。彼女はとなりで微笑んでいた。

DVDというメディアが爆発的に普及した頃があった。
32型のワイド画面には実写と見紛うばかりの車が写し出されていた。
まだこの世に生を受けてから半年ばかりの彼は
そこに写し出される色とりどりの動くものを食い入るように見つめていた。
それを見て左の薬指に銀の輪をはめた女性は「目に悪いから」と彼をベッドに寝かせた。
また、1人になった。

我が家の電話線が、いつのまにかブロードバンドという名前の線に変わっていた。
ゲーム機が繋げるその先で、ボクはまた主人公になった。
でも、画面の左端に写っているのも、右端に写っているのもどうやら主人公だった。
ボクの横に写る顔も知らない女の子のふりをした男性も、やっぱり主人公だった。
画面の先には、たくさんの顔の見えない友人がいた。

オンラインゲーム
その魅力と危うさは、今多くの人の心を捉えて離さない。

ボクはいつしかその世界への扉をしめた。
家族の顔が見えなくなりそうだったから。
ではなぜ、ボクはこのサイトを更新し続けるのか。
種子は確実にボクの心の中で芽吹こうとしている。
| Yukis | ゲーム | 16:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:57 | - | - |
そうそう漏れらが小学生低学年の頃はちょうどファミコン普及期で、
ファミコン持ってる奴が神扱いだったね。

シューティングやらアクションやらをみんなでわいわいやったっけ。
その手のゲームは苦手だったけど後ろで見てるだけで楽しかった。
「お前もやってみろよ〜」などと言われて初めてやったマリオで
最初のクリボーで死んで(略

もうちょっとするとドラクエなんかが出てきて家で1人ですることが多くなったけど。
でもその話題で学校で盛り上がったりもしたね。

最近ゲームやると1時間もすると肩が痛くなる。
20代で四十肩なのか… _| ̄|○
| ironflat | 2004/08/13 10:32 PM |

初めまして、FFに疲れた頃によく訪れる者です。
あまりその手の掲示板は見ないのですが、ここは別w
これからも頑張ってくださいね^^

おそらく同世代ですね〜くにお君でめちゃぶつけをし、飽きたら外でリアルドッジボールをし、更に疲れたらくにお君を(エンドレス
そんな時代は夢の彼方…家族を持ち、FFもなかなかやれないですが、なんとかプレイしてます。両立は大変ですけどね。
フレとマッタリ遊んでます。
| だん | 2004/08/13 10:56 PM |










http://yuki-s.jugem.jp/trackback/2
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ